<日本の漬け物文化は台湾産の新生姜にあり…!?>



皆さんもご存じの、あのシャキシャキ感の酢漬けの生姜は食欲のない時でも美味しく頂ける「岩下の新生姜」は種類も豊富で私たち日本の食卓にはなくてはならない食材になっていますが…皆さんもご存じの通りTVコマーシャルでも有名になっています。


あの新生姜は日本産ではなく、台湾産でした。あの美味しさの中にどんな秘密が隠されているのでしょうか?今回はその詳細を探ってみることにしましょう!



<何故?日本産の生姜でなく、台湾産の生姜なの?>


皆さんも意外と感じたはずです。私も日本産ばかりと考えていましたが…。

岩下の新生姜の誕生までには、岩下の新生姜にふさわしい誕生物語がありました。

1987年、当時の岩下食品の岩下邦夫社長さんが台湾を訪れ、台湾産の生姜を食べられて、その美味しさに感銘されたとか。


日本では見慣れない台湾産の生姜を日本でも紹介できないものか?日本の皆さんにもぜひ、この美味しさを実感できるようにと岩下邦夫社長をはじめ、社員の皆さんの研究開発が始まりました。岩下食品の新生姜は、賞味すればご理解頂けるように、あの食べる美味しさの中でさっぱり感に優しい辛さ、そして食べた後の爽やかさは、食べた者でなければ分かりませんよね…

きっと、岩下邦夫社長もそう感じたのかも?皆さんはどうように感じますでしょうか??


<開発の裏話>

発売の1987年以来の人気の秘密には台湾産の質の高い生姜の鮮度を保つのに、

鮮度重視に低温、低塩による浅漬け風に仕上げることで、生姜本来の持つ風味と持ち味を損なうことなく仕上げた点も、また、あの酢漬けにした新生姜も、あの岩下の新生姜の確立の中で、発売以来のロングセラーにあるようです。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示