<台湾式ニラ炒めを食べて健康に!ニラに秘められていた健康効果は?>




台湾料理は日本人にも合うものが多い中でニラ炒めがおすすめ人気メニューに選ばれていました。ニラはきめ細かい味ながら、ごはんのおかずに、お酒のおつまみにも喜ばれて、調理もいたって簡単なところに人気があるようです。

今回はそんな人気の台湾式ニラ炒めに秘められたニラの健康効果について探ってみましょう!


<ニラ炒めの作り方は>

わずか3分ほどの調理時間で簡単に美味しく仕上がりました。

「作り方」

味噌ダレを作る(みそ15g、砂糖小さじ2、醤油お好み量)

次にフライパンに2かけらの輪切りニンニクを軽く炒めてひき肉30gを入れて炒めます。

そこにニラ50gと味噌ダレをかけて唐辛子1本ともやしを少々加えてサッと炒めて完成になります。

ポイントは強火でサッと炒めましょう!


<主菜のニラとは>

最近は、黄ニラに花ニラなど新しいニラが店頭に並べられていますが、歴史的には

中国で紀元前から栽培され、日本でもお馴染みの野菜です。

ニラは生命力高い野菜として、独自の香り

食べやすくて人気があります。

β-カロチン、ビタミンB群、ビタミンC,カルシウム、カリウム、鉄など栄養価は高いです。

なかでもニラの刺激的な独特の香りは、食欲を増してくれます。

香り成分が硫化アリルで、新陳代謝を活発にする働きがありますし、また、糖代謝を高める機能もあります。糖代謝に関係するのがビタミンB1でこの機能を高める成分が硫化アリルです。


<疲れやすい身体にいい硫化アリル!>

皆さんは暑い時期は甘い飲み物やソーメンなど糖質をたくさん摂る傾向が強くなりませんか?ところで、糖質をたくさん摂ると、ビタミンB1の消耗が早くなり不足気味に...。

すると、疲れやすく、だるくなり気力も

低下してしまいますね。そこで、ニラは、糖代謝に関係するビタミンB1の働きを高めて疲労回復に役立ちます。また、冷房で冷えた身体を温めます。

従って夏バテ予防にも、台湾式ニラ炒めはおすすめメニューと言えます。


<まとめ>

上記の通りニラは体を温めてくれる力がありますが、特に女性はこの時期は手足の冷えがきになると思います。そんな時は、ニラ炒めを食べて体内からポカポカに温めていきましょう!




閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示