台湾の代表的な香辛料といえば「八角」



台湾には美味しいお料理がたくさんあります。なかでも、本場台湾の味を実感するには、活気あふれる屋台で、その場で調理した出来たての美味しい料理をいただくのが何とも言えない味を感じるのにはおすすめですし、なによりもリーズナブルに手軽に食べられるのが、また格別という方も少なくはないことでしょう。


今回はそんな美味しい台湾料理の陰の味の引き立て役となる代表格をご紹介いたします。これが「八角」です。

<八角とは>

八角は台湾料理の代表的なスパイスです。

トウシキミという樹から実った果実を乾燥させたものと言われます。

形が八角形の星形をしていることから、八角と名付けられています。

八角はブレンドされた香辛料の五香粉に含まれて中華にも重要になります。

また、八角は独特の強い香り持つスパイスで、豚の角煮に北京ダックや鶏肉の臭みを消す役割もありますが、台湾では家庭料理でも必ず八角が使用されています。


<日本人にとって八角は?>

台湾へ行かれた方ならば、何方も経験しなくてはならない独特な強い香りを発する八角...。

皆さんの中には台湾の空港に到着したときから帰国までの四六時中、あの独特な香りをくすぐり続けたという方もいるかもしれませんね。

コンビニでも鼻を突くような香りと表現される方も少なくないとか...

実は、コンビニでも良く販売されている煮卵にも八角が香辛料して使用されています。

しかし、八角にシナモンをアレンジするだけで(後述)より良い香辛料に変身して、あの刺激的な香りが消えてしまいます。

まあ、漢方的な癖のある香りから、台湾と日本の違いを嗅覚を通して異国情緒を感じとってもらうと考えれば、心的に落ち着けるのではないでしょうか...

ちなみに八角はインフルエンザの治療薬であるタミフルの一成分としても使用されているんですよ。


<八角にシナモンをミックスして>

八角の独特な強い香りにシナモンをミックスすることで、八角本来の刺激的な香りからスィーツをはじめ、いろいろ料理まで応用が可能になります。

シナモンの独特の甘い香りが応用範囲を拡がって本格的なものにグレードアップになります。八角・シナモンスパイスの使用することで世界の幅を広げられます。

その背景には八角とシナモン共に、それぞれの独特の香りが上手くマッチして肉料理をはじめ、ミックス比率を変えることで風味づけも多様にアレンジが可能です。

日本人何方にも合わせられて、八角・シナモンスパイス使いこそ、お料理上手の秘訣になります。


まとめ

台湾料理の代表的な香辛料が八角と言われながら、八角の持つ独特な強い香りに、日本人の

中には苦手という方のために、八角・シナモンをミックスすることで、お互いが打ち消しあって日本

人にも好まれる香辛料としてお料理上手の秘訣になります。



閲覧数:285回0件のコメント

最新記事

すべて表示